So-net無料ブログ作成

勉強ができるようになるには

小学生から高校生までの間で、勉強ができるようになるには、どうすればいいのか?大きく三つの要素が重要だと思います。
一番大事なのは、勉強時間。なんといっても勉強時間の長さは、成績に、もっとも関連する要素です。勉強時間を長くすれば、必ず成績は伸びます。
もうひとつは、集中力。だらだらやるより集中してやったほうが効果があるのは確かです。ただ、集中力の出し方は、人によって違うし、どういうタイミングで集中できるかは、大人でも難しいので、そうそう集中しなさいといっただけでは、できるものではありません。だから、これは、あまり気にしないようにしています。集中させるよりは、勉強時間を確保した方が明らかに効果が高い。(別の機会に、また書こうと思いますが、だからといって睡眠時間を削るのは愚の骨頂。今は、睡眠をきちんと取る方が明らかに効果的で、睡眠時間がちょっとでも足りないと勉強効率に大きく影響することが科学的に証明されています。「睡眠負債」という言葉を最近よく耳にするようになりました。)
もうひとつ大事なのは、勉強のやり方です。同じ時間をかけても、どう勉強するかによって、その効果は大きく変わります。いくら勉強時間を増やしたところで、勉強のやり方が間違っていれば、その効果は限定的です。勉強のやり方が正しいのと間違っているのとでは、どちらも勉強時間さえ増やせば成績はあがるけれど、その伸びはまるで違う。例えば、一生懸命10時間勉強したとしても、独自の勉強法で頑張っていたら、ちゃんと勉強法を指導してもらっている子どもの2時間の勉強にはかないません。独自に勉強している子は、徒歩で、勉強法を指導してもらっている子は、車で進んでいるようなものだからです。じゃあ、勉強法を指導してもらっている子が10時間勉強したらどうなるだろう。その結果は、目に見えています。勉強法というのは、子どもによってそれぞれ効果的な方法が、まったく違いますし、その時、その時でも違う。また、学習全体を見渡して、その子の位置づけをしなければならないので、子ども自身が自分できちんとした勉強法が出来る子はかなり希です。どうしても塾や家庭教師といった別の視点が必要になってきます。それらをうまく活用することで効果が出るのは、ある意味、当たり前です。ただ、上手く活用するというのも、なかなか難しいという問題もありますが・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。